転売と言うネットビジネスが産業化された理由

現在、多くの商品がインターネットを中心に販売されていますが、それと同時に転売と言うビジネスも横行しています。
この転売ビジネスが産業化され一つのコンテンツのようになった理由ですが、旧来の販売形態例えば店頭販売の他店頭を持たず移動式店舗による販売などがありますが、これら販売形態はメリットにおいては顧客のニーズが無くともそのエリアにライバルとなるお店が無い場合ビジネスが成立することにあります。

特に移動式携帯の販売ビジネスを主としている場合、移動することによりライバルがいないエリアでビジネス展開をすることが出来るという大きな利点があります。
しかしこの二つの販売形態にはある問題点も存在しています。それは、顧客のニーズをくみ取ることが出来なくなった場合商品の売買が成立しなくなること、およびライバルが増えると価格競争に発展することです。

しかし、ここでネットビジネスの転売ビジネスも同じようにライバルが多い場合価格競争になるのではないかと思われている方が多いですが、実はネットビジネスの転売ビジネスは実は価格競争とならないことも多いです。
何故なら、希少品を入手し販売しているため希少品を持つ人物は限られており、希少性があればライバルは存在しなくなる為転売ビジネスを産業化することが出来るのです。

逆を返せば、ありふれた商品を転売している場合、ライバルはたくさんの人物がライバルとなり商品を販売するためビジネスとしては定着せず利益を得ることが出来る産業とならないこともあります。
しかも、転売は口コミによる評判も大きくお店の売り上げに関係するため、如何に希少品を持ち販売していても口コミにより悪い評判を受ければ直ちにビジネスが定着をします。

その為多くの転売事業者は、複数のアカウントを所有し様々なアカウントで商品を売買するという手法で対応していますが、この手法はあまり良い手法ではなく、商品のカラ売りが起きる要因となる為場合によっては商品注文者から詐欺被害を受けることもあるのです。

現在、転売と言うネットビジネスが産業化されており、すでに熟した状況下にありますが今後もこの転売と言うビジネスは継続されると見て取れます。
ただし、どの程度の人物が利益を上げることが出来るかについては今後は難しいと思われ、その理由は産業化するにあたり、商品の獲得競争の激化、既存製品を買い占める事での転売などが問題視され、生き残れる転売事業者は減少する傾向にある可能性が高いです。

SNSでもご購読できます。